インスタグラムでの稼ぐ方法、マネタイズ、心理

ブログアクセスアップノウハウ

キラキラしたいためのインスタを使っているわけではない?

 

話題に遅れないためにインスタを利用している?

 

自己顕示欲を満足させたいからインスタを利用している?

 

はたまたインスタグラムで稼ぎたいからフォローワーを増やしていたりと

 

人それぞれインスタグラムの活用方法の利用は、あると思います。

 

今回は、インスタグラムの活用方法とその心理

 

またインスタグラムで稼ぐ方法とを書いていきます。

インスタ映え

インスタ映えは自分のためではない場合も
インスタ映えという言葉が定着するほど、インスタグラムは定着し、写真栄えの良さにも注目が集まるようになっています。

 

インスタグラムのキラキラした雰囲気が苦手という人も存在し、女子の中でも意見が分かれることがあるのもポイントです。

 

そもそもインスタグラムを使う目的自体が人によって違い、キラキラした自分や周囲のものを撮りたいという人ばかりではないのです。

 

インスタ映えを追及する理由の一つが、情報のシェアです。

 

自分が良いと思ったものを発信すれば反応が返ってきます。

 

その反応がうれしいという人もいますが、中には周囲にシェアしたいという欲求の方が強い人もいるのです。

 

自分がキラキラしたいわけではなく、他人が楽しめるようにという配慮からインスタ映えを追及している女性もいるということです。

 

本人に有名になりたい、評価されたいという気持ちはなく、広まったこと自体が良かったと思う場合が多いのが特徴です。

 

ただ良いお店だから広まって欲しい、綺麗だから見てほしいといった純粋な気持ちで撮っている人もいるのです。

 

キレイを追求して、自分の美意識先行のアーティスト気質な人も

インスタにはまってしまう人の中には、キレイに撮ること自体にはまってしまう人もいます。

 

インスタ映えをする写真を撮ろうとすること自体が面白く、努力を積み重ねてしまうタイプです。

 

割合としては少数派ですが、インスタグラム自体を趣味にしてしまっているのです。

 

普段からカメラを利用しているカメラ女子も珍しくなく、あくまで作品作りや表現の一環として楽しんでいるケースもあります。

 

インスタ映えを追及するのは、自分の技術を磨くためです。

 

どのような角度でどのような物をとればいいのか常に研究し、時にインスピレーションで行動したりもします。

 

キレイに写りそうなものを探した結果、インスタグラムには厳選された写真が並び、キラキラした雰囲気になってしまうのです。

 

コツを聞くと親切に教えてくれる人が多い一方で、こだわりが強すぎて理解が追いつかないケースも増えます。

 

撮りたいから撮っているのであり、それ以上の意味などない場合もあるのです。

 

インスタで綺麗な思い出を集めたいから利用しているという人も

インスタをアルバム代わりに利用している人もいます。

 

情報の発信はおまけで、日記や日常の記録感覚で使っているのです。

 

インスタ映えを追求するのはどうせならキレイな写真が残っていた方が気分がいいという理由で、中にはそれほど写りを気にしていない人もいます。

 

たまたま人目につくのがインスタ映えする写真なだけで、全体を見るとそれほどでもないという人もいるのです。

 

あくまで自分のアルバムを充実させることが重要になるため、話題のスポットに行くのも楽しみを増やすためです。

 

後から振り返って楽しいアルバムにしたいという気持ちで動いているため、あまり他人の評価を気にしない人が多いのが特徴です。

 

それでも褒められたりシェアされたりすればうれしいと思うため、そこだけ切り取ってあざとい人間と見られてしまうこともあるのです。

本気で追及する人はインスタグラムをお金にすることも考える

インスタ映えはお金のためという人もいます。

 

インスタは自分が有名になるためのツールという考え方で、複数のSNSやブログを用途に応じて使い分けるケースが多くなります。

 

フォロワーの多さは情報の拡散力の強さです。

 

フォロワーが多く、発信力が強ければ、企業などから依頼が届くケースもあります。

 

いわゆるインフルエンサーになることで、収入を得られる場合もあるのです。

 

実際にインフルエンサーを利用したマーケティングは定着しつつあり、宣伝広告分野では一大市場になっています。

 

そこまで上り詰めるまでには努力や才能が必要になりますが、だからこそチャレンジしてみたいという人もいるのです。

 

ただし、お金になるまで突き詰めたいという人は少数派です。

 

継続する努力を怠ると、フォロワーが一気に減るということも珍しくないからです。

 

イメージを売る部分があるため、やっかみなどが辛くて挫折する人もいます。

 

それでも続けられる人は、メンタル的にタフな人が多くなるのも特徴になっています。

インスタグラムで稼いでいる人

MOYAさん

MOYAさんの収入源はプロトラベラーとOL、ブログが主な収入になります。

プロトラベラーとは?

プロトラベラーとはGENICという雑誌を発行しているミツバシワークス株式会社などと契約して

 

海外などを旅して撮った写真をインスタグラムに投稿して収入をもらうことです。

 

このGENICという雑誌がカメラ、インスタ、海外をテーマにした女性向け雑誌なので

 

プロトラベラーがその集客を担っているというわけです。

 

主に旅行関係のSNSやブログ投稿をしている人に声がかかるようです。

ただ、このプロトラベラーは誰でもなれるわけではなく

 

まさにそこに行った気になれるような写真かつオリジナリティがある写真を作れないとなれないです。

 

また声がかかるにはそれなりのフォロワーが必要で

 

MAYOさんは4万人くらいでいいねが1投稿につき1000以上なのでそれが目安となるでしょう。

 

現在は4人のプロトラベラーがいます。

 

プロトラベラーの収入年収は628万円ほどと言われています。

 

これは平均なので、集客力(知名度)が高ければ高いほど収入があがります。

ちなみにMOYAさんはOLの収入もあります

MOYAさんはアパレルブランドの営業の事務をされているそうです。

 

アパレル関係の年収はよくわかりませんが、年収は300~400万程度ではないかと思います。

ちなみにちなみにブログの収入もあります

ブログは月間400万PV(ページビュー)というえげつない数をたたき出しています。

 

わたしの別のブログでも30万PVなので。。。

 

羨ましい限りです(^_^;)

 

MOYAさんはされていませんでしたが、googleアドセンスという広告は1クリックが約30円程度でサイトにもよりますが、クリック率は1%~2%以上になります。

 

MOYAさんのブログに広告を貼ったとしたらクリック率1%の場合月120万円、2%の場合240万円という収入になります。

で、インスタグラムの収益はあるの

と思われた方もいるかと思いますが、インスタグラム自体にはは収益性はないです。

 

MOYAさんはインスタグラムで有名になり、プロトラベラーになったということです。

 

しかし、収益を得ている人もいます。

 

それは企業とスポンサー契約をしてその企業の商品を身に着けたりした写真を投稿します。

 

有名な人にはファンがいるので投稿のたびに見に来てくれます。

 

それが企業にとっては商品の宣伝になり、いいねの数でどれくらいその商品に反応があるのかが分かります。

 

だいたい1つの投稿で5万から50万程度の利益で、フォロワーが増えれば増えるほどその収益もあがります。

 

インスタグラマーでありインフルエンサーになれば稼いでいけるということです。

インフルエンサーとは?

インフルエンサー (英: influencer)は、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。

 

その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいる。

 

英語で”influencer”は、「影響者」を意味している。

ブログ利用者が急増した2007年頃から頻繁に使用される言葉になった。

 

ブログ利用者の中には数千〜数万の読者を持つカリスマブロガーなどと呼ばれる人物が現れ、その人物が発信した情報が数十万人単位に広まり、大きな宣伝効果を持つようになった。

 

そのことが、購買行動に影響を与えるようになった。

 

2010年頃には、企業側がインフルエンサーを活用した宣伝、インフルエンサー・マーケティングに取り組むようになっていった。

 

インフルエンサー・マーケティングが成立した背景には、ジャーナリストのマルコム・グラッドウェルが2002年に発表した『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』がベストセラーになったこともあって

 

広告よりも口コミの方が顧客獲得単価が高いという認識が産業界に広まったことがある。

 

しかし、インフルエンサーはあくまで個人に過ぎず、その言動をスポンサーがコントロールするようなことができない。

 

そのため、インフルエンサーの不適切な言動によって製品のイメージに傷がつくこともあり、マーケティング手法としては諸刃の剣になりうる。

 

また、インフルエンサーとメーカーとの関係によってはステルスマーケティングとの線引きが難しいケースがあり、政府機関による規制の対象となりうる。

Wikipedia:引用

インフルエンザとは違うってことだけれども、影響力、波及力が異常に高い人ってことですよね

 

こりゃー稼げますわ

小遣い稼ぎ程度なら

写真をグッズにして販売する

自分が Instagram で作成・投稿した写真を、スマートフォンケースや印刷された写真・クッションなどにして販売してくれるアプリが複数あります。

 

「販売」と聞くと面倒なイメージがありますが、自分が行うことは商品にしたい写真を選択するだけです

 

販売・代金回収などはアプリ側が代わりに行ってくれるので大変な管理は不要です。

Instaprints

Instagram のアカウントでサインアップして、写真を選択するだけ

 

キャンバス/アートプリント/グリーティングカード/スマホケース等のグッズとして販売ができます。

>>http://instaprints.com/

 

Twenty20

こちらも Instaprints と同様に、スマホケースやクッション等のグッズとして販売が可能です。

>>https://www.twenty20.com/

Twenty20 は画像データとしても販売ができます。

 

iOSアプリがあるので、例えばiPhoneで撮って Instagram にアップした写真をサクサクと商品にして販売していくことができますね

画像販売サイト Snapwireを利用する

写真をグッズとして販売するのではなく、画像データとして販売できるのがSnapwireです。

>>https://www.snapwi.re/

Twenty20 でも画像データを販売出来ましたが

 

Snapwire は買い手のリクエストに答えて販売ができるというもの。

 

例えば「猫の写真が欲しい!」という買い手のリクエストに対して、あなたは買い手の要望に応えられるような猫の写真を投稿します。

 

もし気に入られたら購入されるというものです。

 

スマホの写真だけでなく一眼レフの写真でもOKなので、Instagram にこだわる必要はありません。

 

プロも多数参加しているので、写真を撮る勉強にもなります。

個人で稼ぐためのインスタグラム

個人の集客としてインスタグラムを活用するのも一つの手です。

 

わたしは、まだこのブログ用にはじめていませんがわたしの普段の写真をインスタグラムに載せておいて

 

プロフィールにブログのURLをのっけておくだけで、興味を持ってくれた人は見に来てくれます。

 

集客の一つとしてはじめてみるのは個人で稼ぐうえでは重要なことです。

まとめ

インスタグラムを実際に利用しない人からすると、インスタ女子にキラキラしたイメージを抱いてしまいがちです。

 

しかし、インスタを使う理由は人それぞれです。

 

どうしてインスタグラムを使うか本人自身が理解していないケースもあり、友達などのつながりでなんとなく使っているだけの人もいるからです。

 

楽しみ方も人それぞれのため、何が正解ということはないのです。

 

同じインスタグラムを使っていても、同じ理由で使っているとは限らないため、交流に気を使う面もあります。

 

一方で気を使う相手なら交流しないという方法もあります

 

ストレスを感じないように接するのが一番楽ですよ。

 

稼ごうと思えばインスタグラムでも稼げます。

 

まずはあなたが、どのように稼いでいけばいいのか?

 

イメージする

 

マネタイズする

 

やってみる

 

とても大事なことです。

  LINE@で「裏ブログ散歩」
友達限定情報配信
ブログ更新裏話
各種個人収益報告
更新通知など
完全無料でやってます!!
たか公式LINE@はこちら↓↓
友達なってね♪