ランチェスター戦略をブログで使う!集客・SEO効果を7分で解説

ブログアクセスアップノウハウ

どうも、地球の引力ブロガーたかじじぃです。

今回はランチェスター戦略ってのがあるんですけど、それをささっと簡潔に説明していきたいと思います。

ランチェスター戦略っていうのは、要は戦争とか戦闘で生き残るための軍事の理論の事です。

 

ランチェスター戦略は軍隊の強さとかそういった力を示す戦闘力って言うのは、武器とその兵力数で決まりますよっていうような話なんですけど。

これってブログでコンテンツで応用して考えるとどうなるのか? 使えるのか考えてみました。

結論:バリバリ使えます!集客できます!

 

ブログをはじめてからなかなか集客、PVと集めれていないあなたには

今回のランチェスター戦略をブログで使うことで、ボディーブロウのようにあなたの活動に効いてきますので、参考にしてください

 

ランチェスター戦略(法則)について

ランチェスターの法則(ランチェスターのほうそく、英:Lanchester’s laws)は戦争における戦闘員の減少度合いを数理モデルにもとづいて記述した法則。

一次法則と二次法則があり

前者は剣や弓矢で戦う古典的な戦闘に関する法則、後者は小銃やマシンガンといった兵器を利用した近代戦を記述する法則である。

これらの法則は1914年にフレデリック・ランチェスターが自身の著作L1916で発表したもので、原著ではこれらの法則を元に近代戦における空軍力の重要性を説いている。

 

ランチェスターの法則は実際の戦争においても確認されており、例えばJ.H.エンゲルE1954は二次法則に従って硫黄島の戦いを解析することにより、わずかな誤差でこの法則が成り立つことを確認している。

古典的な戦闘と近代的な戦闘で従う法則に違いが生じるのは、剣や弓矢による古典的な戦闘では個々の味方が個々の敵を相手とする一騎討ちを基本とした局地戦になるのに対し

小銃やマシンガンを利用した近代的な戦闘では集団的な行動をとる味方が、乱射により不特定の敵を確率的に殺していくものだからである。

 

古典的な戦闘の場合には、個々人による一騎討ちの寄せ集めであるので、戦争による戦闘員の消耗は単純に味方の人数と敵の人数の一次式になる(一次法則)。

それに対し近代的な戦闘の場合、戦闘員の消耗は味方の人数と敵の人数の2次式(双曲線)になることが示せる(二次法則)。

よって古典的な戦闘とは消耗する人数が大きく異なり、近代的な戦闘では古典的な戦闘と比べ、人数が多い方の軍隊が大幅に有利になる。

 

なお、戦後になってからランチェスターの法則を導出した数理モデルは経営学にも一部応用されており、フォルクスワーゲンのセールス戦略をこれにより説明するなどがされている。

経営コンサルタントの田岡信夫は自身の研究を踏まえてこれを優しく解説した本を書いており、日本では「ランチェスター経営戦略」と呼ばれている。

Wikipedia:引用

というのがランチェスター戦略です。

 

少しわかりずらいのでもう少し簡単に説明すると

まず第一法則と第二法則って言うのがあって、第一法則って言うのは”1対1”

”1対1”で行われる場合っていうのは戦闘力=武器効率×兵力数って言われてます。

ようはこの戦闘力というのは武器効率、その人自身の戦闘力と兵力数であらわされるんですね、これが第一法則

 

で、第二法則って言うのは、戦闘力=武器効力×兵力の二乗なんです。

わかります? 戦闘力=武器効力×兵力の二乗です。

 

第一法則ってすごいシンプルじゃないですか。

ようは第一法則は優秀な人が沢山居れば勝てますよって話しなんですけど、第二法則って言うのは、武器効力って言うのは勿論大事なんですけど、兵力の二乗っていうのがすごい大事になってくるんですね

ちなみに二乗

(例)5の2乗だと

同じ数字を2回掛ければ2乗・・・・5×5は5の2乗で25
同じ数字を3回掛ければ3乗・・・・5×5×5は5の3乗で125

になります。

 

ブログでランチェスター戦略を使って戦う方法

WEB上って言うのはいろいろなコンテンツって言うのがあって、そん中で自分の存在感っていうの出していかないといけないですよね。

そん時に、自分のコンテンツの質ってのめちゃめちゃあげようと思う人が多いんです

確かにGoogleの最近のアルゴリズムは、コンテンツ重視です。

 

それを知ってしまった人なんかは、もうめちゃめちゃ上げてしまいたいって思うんです。

でもそれってはっきり言って非効率というか、要はインターネット上の市場って言うのはいろんな情報発信者がいてその中でお客さんの奪い合いになる訳じゃないですか

ようは団体戦なんですよ。

 

色んなコンテンツって言うのを兵力っていうふうに考えたら団体

兵士はコンテンツになるわけです。

コンテンツって言うのは自動で人を集めてくれるっていう、そういう性質持ってますから。

 

この兵力って言うのはコンテンツで、武器効率って言うのはコンテンツの質の事になるんですけど、じゃあコンテンツを使って戦闘力をあげていきたい。

利益を上げていきたいっていう風に考えた時に、多くの人が考えてしまうのが

まずは質の高いコンテンツを作ってしまおうと言う事なんですね

 

たくさんのコンテンツ(ブログ)は兵力、単体の記事(コンテンツ)は兵士に じゃー戦略は?

 

でもランチェスター戦略で考えたら、第二法則、ランチェスター法則という風に適応した場合は

この兵力の二乗っていうのが一番威力っていうのを発揮するわけなんですよ

ようは、このランチェスター戦略を使ってブログ集客を考えると、コンテンツをたくさん投稿することが最強になるんです。

結局この大量投稿

大量露出

これが出来た人っていうのがブログの勝者になるんですね

 

で、大手の力って有るじゃないですか。

めちゃくちゃ強い力を持った情報発信者ってのが居て、その人のせいで多くのお客さんを取られていってしまうと自分に勝ち目がないって思いますよね?

ただランチェスター戦略っていうのは要は中小企業とかそういう凄い隙間産業の人たちが成功するための戦略で、それっていうのはすべて大量投稿と大量露出にかかってるんですね。

 

例えば、ブログで成功しようと思った時にイケダ ハヤトさんとかヒトデさんとか、たくさんブロガーいますけど、その人達に勝とうと思った時に彼らって言うのは、質の高いコンテンツっていうのを定期的に更新していってますよね。

だから質の凄い武器効率というのは、めちゃめちゃ高いからその中で勝つことって難しいんですよね

それでもその中で勝ちたいって思った時にまずこの武器効率っていうのをあげる。

 

武器効率って言うのはコンテンツの質っていうふう書いたんですけど、マネタイズの力とも考えることができて。

1人あたりのお客さんをどんなふうにお金に変えていくか、という所を極めていくのもコンテンツ質、つまり武器効率に考えれます。

で、兵力って言うのは単純に記事(コンテンツ)の数ですよ。

 

投稿の数。

大量に投稿していく。

例えばブロガーの記事って大体6000文字とかで、長いもので1万文字、2万文字とか、すごい長い記事も投稿してくるんですけど、我々は隙間産業なんで中小企業になります。

有名ブロガーを大企業って例えたら我々は中小企業で、だったらそれで勝ちたいと思ったら大量投稿するしかないんですよ。

ようは3000文字の記事を大量に投稿するって戦略です

 

今の時代に大量投稿記事で勝てるのか?

3000文字の記事(コンテンツ)で勝てるのかとか、3000文字の記事で勝てる訳ないだろとか思うかもしれないんですけど、この3000文字の記事で何を狙うかって言うのが重要でになってくるんですね。

これはスモールキーワードっていうのをやっていきます

こんなん誰も検索しないだろってくらいのちっちゃなちっちゃな市場の事です。

 

例えばこのブログでランチェスター戦略とかまさにそうですよね。

なかなかブログでランチェスター戦略とかで検索しないですよ。

でも、そういった所で記事を書いていく、キーワードを狙っていく、そのようなど記事をどんどん大量投稿していく。

 

そしたらそういった小さな市場からたくさん人が集まってくるじゃないですか。

3000文字の記事を例えば400、500記事とか投稿する事が出来れば、有名ブロガーとかにも劣らないくらいの集客。

質の高い人って言うのをたくさん集める事が出来るんです。

 

つまりこれが兵力の二乗になるんですよ

コンテンツをたくさん投稿すれば、二乗の威力が発揮されるという戦略です。

武器効率って言うのはマネタイズの話しですよ。

 

マネタイズ=武器効率

 

マネタイズって言うのを我々はちゃんと真剣にやる必要があって、ブロガーっていうのはPV稼いで、それをお金にかえていってるじゃないですか。

我々は、ブログから自分のメディアに持って行くんですよ

例えばLINE@とかメルマガとか。

 

そういったところにどんどん人を誘導していって、その中でマネタイズしていくって戦法を取るんです

で、3000文字の記事をたくさん投稿しているとこの人はこれだけこのことについて書けるんだ、すごい専門家なんだなっていう風に思ってもらえるんですね。

専門家だっていう風に思ってもらえたら、その人たちがどんどん自分のメディアに引き込まれていくわけじゃないですか。

 

そしたらね、その人たちに凄い専門的な情報を渡して、それで対価としてお金をもらったりだとか、何かしらのコンサルティングとかしてあげて、それでお金をもらったりとかすればいいんですね

 

ブログやるって言うときにこの大量投稿大量露出嫌がる人いるんですよ。

あなたが思っているよりまぁまぁいるんですよ。

  • たくさん作って意味あるのかとか
  • 意味ないじゃんとか
  • ペラページ量産かよとか
  • めんどくさいとか

言ってくる人多いんですけど、確かにめんどくさいっていうのはそうです。

ただその最初から質の高いものを出したいとか、そういう感じに考えるのは間違ってるなと考えていて。

 

量質転化の法則から思考がそうなのかもしれない

まぁなんでもそうなんですけど。

量質転化の法則ってのが有るんですよ。

量質転化っていうのは、その言葉の意まんまで、量は質に変換されていくって話なんですよ

 

サーフィンもトライの数で乗れるようになる

わたしはサーフィンをしますが、最初のうちは立つこともできませんでした。

でも

何回も練習をし、海に入ることで今では乗りこなすことができています

 

これが、ものすごいいい板買って、家でDVDで研究して本読んで研究して海には年に1回しかいかないだと乗れないんですね。

量はだんだん質の方に変換されていく

最初は、どんどん2~3000文字の記事をどんどん投稿していってもらいたいんですけど、ブログを攻略するという事だったら。

投稿していくとわかるんですけど、最初ってまぁひどい記事が出来上がるんですよね。

すごい伝わりずらい文章、改行も気持ち悪いし、句読点も変。

 

デザインもおかしいし、そういいう質の悪い記事って言うのが出来上がっちゃうわけなんですね

でもある程度大量投稿大量露出って言うのを繰り返していけば、どんどん読者さんからのフィードバックとかも来るし、色んな人に見られるようになってくるんで、だんだんブログの質って言うのも上がってくるんですよ。

だから大量投稿していく。

 

大量投稿の結果

情報が多すぎて、書かないより。

コンテンツの量がいろいろ調べすぎて増えないより。

大量投稿は結果が出ます

 

簡単に考えてください。

単純にたくさん記事を書いて書くことにに慣れていったりすると、ほんとに質に高い記事って言うのを出すことが出来てきます

わたし自身、本当に最初に書いた記事とか酷いんですよ。

 

今見ても目も当てられないような。

でも今ではねこうやってどんどんアイディアもわいてきて、5000文字とか長い記事も書けるようになってくるし、記事の作成スピードもどんどん上がってくるんですよね。

これはまさにね、量が質に転化されたっていう良い事例なんじゃないかって思います。

 

兵の二乗の威力で結果的に質も高くなり集客できてきます

こういった兵の二乗って言うのが威力を発揮するって言うのを理解していれば、この大量投稿って言っても抵抗は生まれないと思うし、本当に大量投稿をしていれば集客って言うのもできるんですね。

だんだん量が質に変わっていって、結果的に質の高いコンテンツを多くの人が見てくれる

大手と変わらないような、そんなコンテンツって言うのを作る事が出来るんじゃないかって考えています。

 

ランチェスター戦略のSEO効果について

ランチェスター戦略(法則)によるSEO効果は、コンテンツボリュームをあげることができます。

よく考えてみてください。

例えば検索して1位に輝いている記事が1つあるAのサイト。

読みにいって他の記事はどんなのがあるんだろうと

トップページにいったら100記事しかなくどの記事も興味がなく離脱してしまう。

 

それよりも検索して5位~10位の記事が100記事あるBのサイト

読みにいって他の記事はどんなのがあるんだろうと

トップページにいったら500記事あり興味の確率があがり他の記事も読んでもらえる

 

間違いなくBのサイトの大量投稿が効いています。

Googleのアルゴリズムでも専門性、権威性の話が出ています。

 

わたしはこの専門性はカテゴリーごとにたくさんの記事が必要と考えています

雑記記事の場合カテゴリーごとに何記事かはわかりませんが、特化サイトで専門性が高いと評価されるならば、大きなカテゴリーごとに最低50記事用意すれば専門性が高いと認められるのではと考えています。

もちろん特化サイトでも、同じ専門分野について100記事ぐらい書いているので勝てないかもしれませんが、コンテンツ争いができるスタートラインには立てると考えています。

Google順位で専門サイトに勝てないのであれば、カテゴリーでまず専門性をみせ

 

カテゴリーで専門性を見せれば、雑記サイトでもコンテンツ勝負に持ち込め

専門サイトと上位表示争いができると考えています。

まとめ

  • ランチェスター戦略(法則)について
  • ブログでランチェスター戦略を使って戦う方法
  • 今の時代に大量投稿記事で勝てるのか?
  • 量質転化の法則から思考がそうなのかもしれない
  • 大量投稿の結果
  • ランチェスター戦略のSEO効果について

 

今回はブログの話を書きましたけどブログだけではなく、メルマガとかTwitterとかもそうですね

発信者をやってる人って言うのはどんどん大量に投稿していってとにかくたくさんのコンテンツを作っています。

少しずつ少しずつ質を上げて行けばそのうち、超有名になって本当に質の高いコンテンツって言うのを、見てくれてる人に届けるって事が出来るようになっているんです。

 

是非ブログでランチェスター戦略取り入れて兵の二乗で集客してみてください。

 

したっけ!またDAOで!

s
  LINE@で「裏ブログ散歩」
友達限定情報配信
ブログ更新裏話
各種個人収益報告
更新通知など
完全無料でやってます!!
たか公式LINE@はこちら↓↓
友達なってね♪