世界に1つ!髪の毛から作る結婚・婚約指輪「メモリアルリング」

結婚

永遠の絆の象徴ダイヤモンド。

婚約指輪や結婚指輪では定番のジュエリーです。

天然ダイヤモンドを好む人は多数いますが

今、脚光を浴びているのが髪の毛から作製されたダイヤモンドで作るメモリアルリング。

愛する人との絆をより一層深めるペアリングとして結婚を控えたカップルに人気があります。

 

 なぜ、ダイヤモンドが婚約指輪に選ばれるのか?

 

 

「純潔、永遠の絆、純粋無垢」といった宝石言葉を持つダイヤモンドは、結婚のシンボルとも言える宝石です。しかし、ダイヤモンドが婚約指輪の定番となるには、これだけが理由ではありません。

まずは、世界一の硬度と言われるダイヤモンドの硬さ。この硬さが結ばれる 2人の確固たる絆を象徴し、傷つくことなく永遠に輝き続けることから、2人の愛がいつまでも続くことをイメージさせます。

そして、天然ダイヤモンドは何億年という長い年月をかけて地中深くで生成され、火山の噴火とともに地表にあらわれますが、発見される確率がとても低いことから、希少性の高さを有しています。

これが、永遠の愛を誓うのにふさわしいとされているのです。

こうした特徴に加え、研磨後の輝きは他に類を見ない美しさ。

2人の愛を表現するには、これほど理想的な宝石はないため、婚約指輪として選ばれています。

 

結婚指輪にも最適「メモリアルダイヤモンド」とは?

 

 

昨今、結婚する人々の間で注目を集めているのが、メモリアルダイヤモンド。ヘアーダイヤモンドとも呼ばれ、毛髪から作製するダイヤモンドです。

天然ダイヤモンドは炭素100%でできており、人の体にも炭素が18%あるため、髪の毛などからダイヤモンドを生成することができます。

ヘアーダイヤモンドの作製方法は、地中100km以上の高音高圧地殻にて、ゆっくり時間をかけて炭素を結晶化する天然ダイヤモンドと同じ。同環境を最新の技術を駆使して再現し、生成します。

この方法は、故人の遺骨や遺灰で作製する遺骨ダイヤモンドとも同様です。

どちらの場合も最愛なる人の一部を使ってできているので、輝きと愛に溢れたダイヤモンドになります。

 

世界に一つだけの輝き!髪の毛から作製する「メモリアルリング」

 

 

髪の毛から作製したダイヤモンドを使った結婚指輪はメモリアルリングのひとつです。結婚が決まったカップル、長年寄り添ったご夫婦が2人の髪を混ぜて髪の毛からダイヤモンドを作り、ジュエリー加工を施して、ペアのメモリアルリングにしています。

または、お互いの髪の毛でそれぞれダイヤモンドを作り、メモリアルリングにして交換するというパターンもあります。

髪の毛から作製するダイヤモンドは天然ダイヤモンドと特質が一緒のため、輝きや硬さも同様ですが、愛する人の髪の毛でできていることから、輝きの度合いは格別。

また、メモリアルリングに託す想いもプラスされ、髪の毛から作製するダイヤモンドはひときわ美しく輝きます。

メモリアルリングは、男性と女性向けのさまざまなデザインが揃います。

例えば、4プロングや6プロングのラウンド、アッシャーリング、ヘイロー・プリンセス、エメラルドやハートなど。

メモリアルリングの素材もイエローゴールドをはじめ、ピンクやホワイトゴールドも選べるため、セミオーダー感覚です。

こうして作るメモリアルリングは、世界にたったひとつの輝きを持ったリングとなり、メモリアルリングが2人の絆をさらに深める指輪となるのは間違いないでしょう。

 

まとめ

 

ダイヤモンドが婚約や結婚指輪に選ばれる理由は、世界一の硬さ、生成も発見も珍しいといった希少性の高さ、そして輝きの美しさからです。

特に硬さは、永遠の絆が固く結ばれる象徴でもあります。

ダイヤモンドは炭素でできているため、人間の体にある炭素を使って生成することが可能。

そのため、結婚するカップルがお互いの毛髪を混ぜて作製したダイヤモンドをジュエリー加工したり、各自の髪の毛からダイヤモンドを作ってオリジナルジュエリーを作製して交換したりして、結婚指輪・婚約指輪で世界に一つだけのメモリアルリングを作製するのが話題です。

  LINE@で「裏ブログ散歩」
友達限定情報配信
ブログ更新裏話
各種個人収益報告
更新通知など
完全無料でやってます!!
たか公式LINE@はこちら↓↓
友達なってね♪