仕事3年目続ける?辞める?1つの答えを考えて書きました

働き方

職場で仕事って3年耐えるべきなのかなって…。

最近の若い社員と話しているとこんな相談を最近されました

先輩、職場で仕事って3年耐えるべきなんでしょうか?

これについてまずはお金の動き方についてお話しした後に、あなたは今の仕事で耐えるべきか、耐えないべきか。

 

わたしも転職経験があるので、わたし自身悩んだことがある相談内容なんですが

 

仕事を3年耐えるってのはすごい良い事なんだけど、実はすっごい悪い事なんだなって言うわたしなりのアドバイスを書いていきます

 

3年職場(仕事)を耐えるべきか。どう思いますか?

耐えるっていう言葉のとらえかたなんですけど、下積みみたいな感覚で見るんじゃなくて、ちょっと実際にお金の動き方、ビジネスの仕方。

仕事って言うのはお金をもらえるものだから、実際にサービスを出しているものなので、ビジネスの視点から見てみましょう。

お金がどうやって動いているのかって言うのがわかると、このアドバイスが良いのか悪いのかがわかると思います

 

お金って言うのはどうやって動く?

簡単に言うとが払う。

またはビジネスが払う。

で、人が払うのを「BtoC」(ビジネス to コストマー)って呼んでいて、ビジネスとビジネスの間は「BtoB」って一般的に呼ぶんだよね。

もちろん細かいことを言えば、税金っていうものが入るんだけどそれはちょっと置いといて

 

お金はどこで動いてる?

 

お金が動くときは相場って言うのがあるよね。

英語で言うと「マーケット」 マーケットにサービスや物を出す提供者が居て、買う人を購入者って呼ぶでしょ。

お金を動かしたい時は、このマーケットが認めてるかたちにして出さないといけないんだよね。

 

この中に法律とかも入ってきて、税金払わないよっていけないよってものもあるんだけど、基本的に言うとプロダクトがあってマーケティングやって、営業をしてプロダクトをデリバリーするっていうのがどんなビジネスにも必ず入るくらいなだけで

マーケットはどこでも買える物、いっぱいあるものにはお金をあんまり高くださわけです。

例えば、会社員。

 

新入社員が会社員になりましたっていうのは、相場がリクナビとか、転職サイトとか、就活イベントでしょ?

それが、マーケットでしょ?

相場があるところが。

 

購入者が会社」でしょ?

新卒を雇う会社が購入者で、提供者が「会社員っていうサービス」をマーケットにだすわけなんですよ。

そのサービスの内容は新入社員の場合だったら、一般的な事務だよね?

これはどうやってもこの購入者(会社)がすごい有利なわけよ。

 

いっぱいその仕事を求めてる、サービスを出してくれる人がいるわけだから

 

この場合の結論どういうことになるかって言うと

例えば、会社員を雇う会社、新入社員を雇う会社がいっっぱい儲かるじゃんね。

でもその会社は会社員に相場以上のお金払わなくていいことになっちゃうわけ

ボーナス2ヶ月分、年に1回、で十分なわけよ。

 

どんなに会社が儲かっても

なんでかって言うと、もっと払えってサービス提供してる新入社員がいたら、その人をクビにして別の人を入れればいいわけだから。

だって、その条件でマーケットがあるから。

 

もうすでにそれをやらせてください! って人がいっぱいいるわけ

 

でも、マーケットは、ユニークであんまりないものにはお金をもっと払う

 

これは、現実をみないといけないわけですね。

例えばわたしの友達が、バカみたいな、ただ単に、英語で外国人に日本のツアーをやっているわけですよ。

10日間とかで、まあちょっと”学習的”みたいな感じで。

 

いくらかって?

10日間のツアーが20万〜40万なんだよ。

年間7億円ぐらいのビジネスなんだよね。

 

それ仕事じゃねーじゃん!って思うんじゃなくて、「マーケットがお金をだす」わけなんですよ。

お金が仕事を作ってるわけですよ

だから、ポイントは。

 

一般的な事務じゃないと仕事じゃないっていう考え方は、間違ってるのね。

 

ビジネスの話と、お金の流れだけで考えると

 

バカみたいな、ただ単に外国人10人20人を京都につれて行って、10日間ずーっと歩いて、東京まで歩いたり、大阪まで行ったりする。

お寺とかみて、それのお金を40万払いますっていうマーケットは実際にあるわけですよ。

 

お金を増やす方法は、大きく2つ

 

コストを下げるっていうのは、ちょっとおいておいて、お金を増やす方法は簡単に2つあって、1つは、「買う人を増やす」んですよ。

例えばこのハイキングの場合だったら、ガイドを増やして、買える人を増やす。

マーケティングをして買いたい人を増やすっていうのは、間違いなくあるわけじゃないですか?

 

ネットフリックスとかも、そうでしょ?1人1000円で、何万人がやる。

Facebookとかもそうでしょ?

だから、今の時代は、インターネットですごいコストを下げることができるわけなんですよ。

 

昔は、何億円の工場で、何十人の営業マン、OL、家賃、そのいっっぱいのコストがかかって、やっとモノが作れたんだけど、今はサーバーでシステムで、テクノロジーで同じものをバンバン、つくるわけですよ。

ある程度のコストをカバーできれば、無料で1万人が買っても10万人が買っても100万人が買ってもコストがあんまり変わらないわけですよ。

だから、インターネットのシリコンバレーのビジネスはすっごい、儲かってるわけですね。

 

Googleとか、その変化があったんだよね。

1990年のあの、インターネットの革命がおきて。

買う人を増やすとお金が入ってくる」よね?

もう1つはなんだと思いますか?

 

「品質をあげる」ことです

 

例えば、オートマチックの時計。

まったく同じもので時計で出してるサービスは同じなんだよ。

わたしが得れるサービスは、でもクオリティーが高いと、ブランディングもついてるのもあるんだけど、品質が高いと…お金を、マーケットはもっと出すんですよ

じゃあ、「人を増やすにはマーケティングで増やす」。

で、コスト…インターネットとかで物を販売するとか…ですね。

でも、もう一つのお金を上げる方法。

 

品質を上げるにはどうすれば良いですか?

これをちょっと現実的にして、サービスの話にしましょう。

例えば、あなたがグラフィックデザイナーになりました。

ビデオのカメラマンでも良いよ。なんかそうクリエイティブな人。

 

グラフィックデザイナーだと。

どうやって品質を上げますか? どうやってお金を得る? 品質をあげるよね? 相場で品質が高いレベルだとお金が入ってくる。

じゃあ、どうやって品質を上げますか?

 

Webデザイナーだったら。

ビデオカメラマンだったら。

経験でしょ?経験って何なの?

 

経験はやってるときの時間なんだよ。

経験が増えるとスキルが上がる

スキルが上がると相場からのお金が上がると

 

じゃあ経験を上げるにはどうする? やってる事の時間を増やすんですよね

例えば、1日7時間、そのWebデザイニングとかをやってると。

実際に作業をやってみると1日7時間で週5回。

 

夏休み冬休みとか休日取って10年やると、1万時間になるにね。

1万時間は、何か同じことをやると、一般的な場合だよ、一般的な場合はエキスパートになれるんですよ。

でエキスパートは物を相場にマーケットに出すと、高い価値を得ることが出来るのね。

10年、1日7時間有る事をやっていればエキスパートに、一般的には相場のエキスパートになれると。

 

ここで「職場(仕事)は3年耐えた方が良いか」って話

 

このアドバイス、「3年耐えた方が良いよ」ってアドバイスはですね。

実は自分が何を仕事にしたいのか。

何をこの1万時間やりたいのか。

 

10年やりたいのか。

どういうキャリアにしたいのかっていうのを決めた後に聞くと最高な超良いアドバイスなんだよ

どういう事かというと、実際に経験を得る時間が増えるんですよ。

 

これは必ずの場合は、もし、その自分がやりたいことを出来る環境に居たらね。

その、自分がやりたいっていうキャリアの作業が実際にできる場合は良いんだけど、出来なかったら結構アホになっちゃうんだよ。

 

仕事の選び方も「職場(仕事)は3年耐えた方がいいか」に入れておく

 

間違いなく仕事は、好きで得意な方が良いんですよ。

仕事は好きな事と得意な事。

これを掛け算で組合わせしてください。

 

なんでかっていうと、経験が楽に入るんですよね

相場で経験はスキルに変わってスキルはお金に変わります

経験が楽に入る。

 

例えば得意な事だったらスキルアップの時間が早くなるんですよ。

だから0から5とか、0から10の時間が得意な事だったらその何て言うか……アドバンテージが入る訳ですよ。

苦手な事やってるとハンディキャップを取る訳ですよ。

 

で、あなたのやってる相場は得意な人がやって戦争してる場所だからね。

相場は「お前、耐えろよ仕事」じゃないんですよ。

お金が実際に動いてて人が勝負してる場所なんだよ。

 

あなたの競合相手は得意で好きな事やってるわけですよ。

自分が嫌いで得意でもない事だったら、あなたはハンディキャップを受けてるわけですよ。

だから得意で好きな人がね、10年やっててエキスパートの相場を、このレベルを作ってるんだったらあなたは10年嫌いで得意じゃない事やっててもそのレベルには行けない訳なんですよ。

 

もっと時間を掛けないといけないことになりますよ。

だから、好きで得意な事をしないとちょっと、あんまり賢くないって言うか、あんまり。

ちょっと考えた方が良いと思うんだよ。

 

仕事が好きだったらどうなる? 興味を持つでしょ? 興味を持つと仕事が終わった時間も考えてる訳ですよ。

実際に作業はしてないかもしれないけど、もっとこうやったら良くなるんじゃないかって言う時間を使ってる訳ね。

仕事終わってからも夜にYouTubeみまくって勉強したりとか。

 

週末はセミナーに行ったりとか。

何かそういうインターネットで、そういうのが大好きな人と会ったり、セミナーに行ったり自分で資格を取ったり。

なんでそこまでできるの?

 

答えは好きだから。

好きな人は楽になるわけなんですよ

アドバンテージが出てくるわけですね。

だから、その経験の時間もボーナスみたいに無料で入ってくるみたいな感じになるわけで

 

好きで、好きな事だから、好きで得意な事を掛け合わすとどうなりますか?

 

あなたが好きで得意な事を組み合わせて「これだったら10年やりたい」と。

で、実際にマーケットもあると。

お金が動いてる仕事ね。

 

それを選ぶじゃん。

それを実際に作業をできる場所に自分を入れると。

そこで3年経つとどうなる?

 

その作業をやってる経験が3年つくわけじゃん。

いきなり作業が上手い奴っていないわけですよ。

それはもう映画とか漫画とかの話で、現実いないわけですよ。

 

まぁ、1千万人居たら1人位はいるかっていう話で、超天才はいるかもしれないんだけど。

 

例えばどんなにあなたが運転超うまくても、いきなりF1のトップレーサーになれるかっていったらなれないわけですよ

超運転上手い奴らが0から超トレーニングしてトップになってる

それが相場なんですよ。

 

だから凄い競争が厳しいわけなんですよ

いきなり上手い奴っていないわけですよ。

どんなに、例えば高校生の時、大学生の時、どんなにカメラが上手くてきれいな写真撮ってても実際にプロになったらまだ下手くそなんだよ。

 

それが現実なんだよね。

だから最初にそのレベルで食っていけるかって、相場を、あなたにお金を出すかって言ったら、たぶん出さないんだよ。

3年間それを耐えて経験をすると、ある程度のスキルが付いて、で、そのスキルが付くと、相場はお金を出すわけよ

 

認めてくれるわけですよ。

まだ1人前じゃないと思うよ、3年やっていても。

でも一応、会社は転職できると思う。

 

転職できるオプションを相場がつけてくれる

 

別の会社に行くってオプションが付くわけで、ここでまた面白い事が出来るんだよ

例えば給料が低かったら、会社を変えてもっと給料が高いところに行く。

またじゃ、給料は同じなんだけど、通勤時間があんまり悪くないとか、ね、働き方がもっと自分と会う。

 

または、特に料理とかの場合は日本で3年やったらもっとめっちゃ低い給料でフランスでマスターシェフの所でここでまた5年間修行する。

本当に3年耐えるんじゃなくて、8年耐えて日本に戻ってきて自分が店長になるとか、そういうやり方もあるわけよ。

だから3年経つとマーケットがお金を出してくれる

 

ある程度のスキルが付いてるから、マーケット、別の会社はお金を出してくれる。

独立できるかって言われるとまだちょっとそこは3年はまだちょっと未経験だと思うんだけど、ま、ケースバイケースによって変わってきます。

そう、自分が好きで、大好きで、それができる環境に居て3年耐えるというのは凄い良いことなんですよ。

 

もし、その企業がブラックじゃなかったらね。それはもう本当ホワイトの場合だったら。

で、ブラックって言うのは、恐怖で動く、セクハラが有る、ハラスメントが有る。

フェアなお金を払わない。法律を破って労働時間を長くして、残業代を与えない、辞めさせてくれない。

 

好きなことで働いている人は、そう多くはいないですよね

 

もし、自分が何をやりたいのかって言うのを決めてない状態で職場(仕事)に入っちゃったら3年耐えるべきか耐えないべきか

耐えないべきかって事についてお話ししたいと思います。

自分がこれ10年やりたい。

この仕事のエキスパートとして、10年やったらなれるから。

そうやって生活したい。

 

その仕事を、そのサービスを相場に出してお金を得たいって言う事を考えない。

ただ単純に大学卒業して皆が就活やってるから俺もやらないといけないんだーって感じで、第一希望には入れなくて第二第三希望とかに入って、あ、これが普通なんだって思ってる。

やりたい事も明確になってない

 

やりたい事の相場も勉強してないし、どのようなスキルが必要なのかって言うのも考えてなくてただ単純に仕事をやってる

で、それがグレーとかブラック企業だったら、ストレスが溜まる。

超労働時間、体の負担、体の負担が掛かると頭の負担が掛かる。

 

寝不足になったり自分のプライベートで幸せになれないからストレスが掛かって、そうなると多い人は自然になるのは鬱です。

鬱になります。

そういう一般的な仕事をやってると、どの様なスキルが入るのかって言うと、そのスキルは相場にめっちゃ出てるスキルなんですよ

 

何か特殊な営業とか、専門的な事じゃなくて、一般的なサラリーマン的な仕事は、結構めっちゃっくちゃ日本にいるわけですよ。

だから、その仕事やっててあなたが鬱になってクビになっても会社は別の人を1ヶ月以内にパッて入れることが出来るわけですよ

全然負担に掛からない。

 

会社にとって、自分もその場所に残るべきなのか、どう思いますか。

論理的に考えていいし、感情的にも考えていい。

そこで残りなさいって言うのは、もう人間としてはそんなアドバイスはもう絶対に人様に言っちゃいけないアドバイスなんです

 

もうそれは、可愛そうな人を刑務所に入れちゃうみたいな。

何にも悪い事をしてないのに、良くない、正しくない。

それはわたしたち人間として、それはストップしないといけない。

 

それはダメなんだよ。

それは人様にしちゃ絶対ダメなんだよ。

それは止めないといけないんだよね。

 

もしそういう人に、そういう場所に居る人とか、友達とか知り合いとか自分の子どもとか、親とか。

親かもしれないよね、今の時代だったら。

そういうところにだれかが居たら、人様が居たらこのブログを見てもらったりだとか、仕事って言うのは実際に相場、会社って言う提供者にサービスを出している事で、ある程度のサービスを出してそこにマーケットが有って、自分でやりたい事を10年間やったらエキスパートになれると。

 

別の生き方、やり方もあるんだよって

もっと楽に生きていけるんだよって言うのを、是非伝えて頂ければ幸いです。

 

バブル崩壊前の考え方が今の日本には抜けていない

 

もしこういうただ単純に下請けして一般的な仕事をって考えないといけないって言うのは、実は戦後のバブルが破壊するまでに流行ってた正しい日本のお国のインフラを育てるって言う、その日本が実際に投資してたビジネスと、その大手企業が教育の政府と組み合って作り出した教育のシステムによって作られている一般的な考え方です

 

実際はインターネットとかグローバルゼーションになった後、特にインターネットの後で、日本が物作りの時代から変わった後には、あんまり正しくないんですよ。

嫌いな事を仕事にしないといけない。

会社員にならないといけない。

 

これはもし自分が、工場と農業とサラリーマンしかないときには会社員の方が楽だし給料も上がるし、クビになりづらい。

その時に親が自分の子どもに「工場じゃなくて農業じゃなくてサラリーマンになりなさい」って言うのはすごい正しいアドバイスなんですよ。

どうやって良いサラリーマンになれるのって言ったら、「めちゃくちゃ勉強して、京王、東大、早稲田とかいい大学に出るとトップの企業が雇ってくれるよ」って。

 

そうすると、年収も高くなるしクビになりづらいし、社会的に認められるし名誉も付くよって。

それは凄い良いんだけど、今の時代はお金が動いてるところが何処かって言うと、クリエイティブで人が楽になる楽しいところっていう所のマーケットが凄い大きいんですよ

例えばGoogleとか。

 

もっと簡単にするとiPhoneね。

iPhoneを作ったのはクリエイティブだよね。

デザインはアップル・カルフォルニア、物作りは中国。

 

だから今はこの発想がお金を生み出すような時代になってるんですよ。

何故かというと、日本とかアメリカとかヨーロッパの国はもう仕事で満足してて、余裕のお金が有る。

人は何処に余裕のお金を使うかって言うと40万の日本のハイキングコースなんですよ。

 

1200円のマリオの新しいゲームなんですよ。

だから、自分が楽しいって言う物を見付けると。

自分が楽しいって思ったら、間違いなく10万人は楽しいって思うわけですよ。

マーケットがお金は出すわけですよ。

 

クオリティがある程度高くて、マーケティングを人に知らせたら。

それで実際にお金が動くんだよね。

でもそれをするには、ビジネスの形、ビジネスのふりかけを掛けて実際に法律で税金とかも払って会社を建てたりだとか、個人営業でも良いんだけど、そういう形にしないといけないんですよ。

 

クリエイティブに稼ぐ時代にあなたは何をしますか?

わたしは、会社員でブラック企業で働いています。

今は、グレー企業になりましたが(笑)

転職は、できるでしょう、スカウト求人がネットで応募するとメールが届くので、でもどこに行っても変わらないでしょう。

 

通勤が楽になる、労働時間が短くなるぐらいのメリットはあります。

でも人生は変わらないのです

わたしは、能力が普通なので今現在ブログで稼ごうと書いています。

 

センスがある人は、転売とかするべきだし。

絵がかける人は、売ってみるといい。

投資はすぐには稼げないけど、勉強していくといい。

 

個人で稼がないと人生は変わりません。

好きなことを仕事にしている人は、そのままスキルを磨くべきです。

わたしにはそれがなかった

 

なのでブログを書いています。

あなたは何をしていきますか?

 

まとめ

  • 3年職場を耐えるべきか。どう思いますか?
  • ここで「職場(仕事)は3年耐えた方が良いか」って話
  • 好きで、好きな事だから、好きで得意な事を掛け合わすとどうなりますか?
  • 転職できるオプションを相場がつけてくれる
  • もし、自分が何をやりたいのかって言うのを決めてない状態で職場(仕事)に入っちゃったら3年耐えるべきか耐えないべきか
  • クリエイティブに稼ぐ時代にあなたは何をしますか?

と書いてきました。

 

あなたが、好きなこと得意なことでクリエイティブな仕事なら、3年続けるべきです

わたしのような単純労働なら、転職するか個人で稼ぐスキルをつけていくべきです

ブラック企業でがんじがらめなら、さっさと辞めるべきです

 

あなたの人生がこのブログがきっかけでいい方向に変わってくれたら幸いです。

s
  LINE@で「裏ブログ散歩」
友達限定情報配信
ブログ更新裏話
各種個人収益報告
更新通知など
完全無料でやってます!!
たか公式LINE@はこちら↓↓
友達なってね♪