愛知県で紅葉は香嵐渓で決まり!絶景とインスタ映えを楽しもう!

旅行・出かける

どうもTakageeです。

名古屋市在住のTakageeですが、秋も深まり紅葉見に行こうと思い、愛知県で一番の名所と言われている香嵐渓に今回行ってきました。

秋の休日に紅葉を見に行くことによって、心が癒されました。

あなたにも香嵐渓の絶景を感じてほしく今回香嵐渓について行き方(駐車場)、食べ物、歴史と書いていきます。

 

名古屋市から高速使い車で1時間ぐらいで香嵐渓に着きます

 

名古屋市から名古屋高速に乗り、伊勢湾岸に乗り換えそのまま豊田方面に走ること1時間ぐらいで着きます。

名古屋高速途中の刈谷ハイウェイオアシスで途中たこ焼きを買いましたが1パック460円とめちゃ安く、しょうゆベースの柔らかいたこやきでおすすめです。

たこやきクウさんというお店ですので寄る機会があればぜひ

刈谷ハイウェイオアシスアクセス

 

■名古屋市街から…名古屋高速3号大高線 名古屋南JCTより伊勢湾岸自動車道 静岡方面へ(市街地から約30分)

■豊橋・静岡方面から…東名高速 豊田JCTより伊勢湾岸自動車道へ(豊田JCTから約7分)

■新東名高速 豊田東JCTより伊勢湾岸自動車道へ(豊田東JCTから約10分)

■三重方面から…東名阪自動車道 四日市JCTより伊勢湾岸自動車道へ(四日市JCTから約30分)

■米原・一宮方面から…名神高速 小牧JCTより東名高速へ、豊田JCTより伊勢湾岸自動車道へ

■美濃・土岐方面から…東海環状自動車道で豊田方面へ、豊田東JCTより伊勢湾岸自動車道へ

 

 

紅葉の名所香嵐渓に到着!絶景!インスタ映えお菓子と盛りだくさん!

寄り道しつつ香嵐渓に到着しました。

駐車場は1000円かかります。

香嵐渓直前の一般の方がやっている駐車場も1000円なので

ぼったくられるわけじゃないです。

お好きな駐車場にとめてください。

 

一歩踏み出すと紅葉が色とりどりで、紅葉の山、紅葉の壁、紅葉の道絶景が広がりました!!

うぉーすげぇー

思わず口してましたね(^^;)

 

紅葉の山を登る前に腹ごしらえをしました

ちなみに香嵐渓の名物はこんな感じ

五平餅

これは定番中の定番で外せません。

屋台だけでなく食事処でも味わえます。

朝の連ドラ半分青いでも登場している餅です。

味噌味や醤油味があって香ばしい香りと共に頂くのが最高です。

 

鮎の塩焼き

これもホクホク言って食べるのがいいですね。

シンプルなのに塩だけで美味しいなんて贅沢です。

 

刀削麺(トウショウメン)

紅葉を見ていると、段々体が冷えてきて温かいものが食べたくなりますよね。

そんな時のおススメが刀削麺です。

 

もみじの衣揚げ

食用のもみじを塩漬けにして甘めの衣を付けて揚げたものです。

カリッとスナック感覚で食べれてお土産にも良いです。

屋台だけでなく、茶屋や食事処も香嵐渓付近にあるので、もみじ祭りに来た時に街を散策してみるのもおススメです。

 

わたしが食べたものはインスタ映え抜群の食べ物と・・・

わたしが食べたのは、全く名物関係なく(^^;)

焼き栗とみたらし団子それとおでんでした

あったまるしおいしいしね

 

それとインスタ映えを狙ったであろう食べ物が香嵐渓では流行っていました

それがこちら

 

 

View this post on Instagram

 

 

おさつチップスですね

インスタ映え抜群なんだけどメープルシロップがかかっていて味もおいしかったです。

ただ、お店では並びました。

 

いざ!香嵐渓の紅葉を満喫

腹ごしらえも終わり香嵐渓内を散策しました。

香嵐渓に来たら行って欲しいスポットとしてもみじ橋があります。

下にはもちろん川が流れていて、上を見渡せば紅葉、下を見れば紅葉が反射されて映る川

 

んでもってめちゃんこ目立つ真っ赤な橋

女の子をデートに誘って連れて行った日には

惚れてしまうやろーーーーー(個人の感想です。実際に起こることはあなたの責任です)

 

次に山を登りました

山と言っても2㎞ぐらいのもんなんですが、まぁ汗かきます。

足元はちょっと悪いです。

きれい階段のようなイメージは決してもってはいけません。

 

山道になんとなくロープと、なんとなくの階段風段差が設置されていると言えば、伝わりやすいでしょうか。

なんにせよ紅葉どころではなくのぼる道はきついです。

すれ違った60代ぐらいの夫婦に

『紅葉に来たんだか、山登りに来たんだかわからんねー』

『来年は、来れないかもしれない』

 

と必死な形相で話しかけられ

『ゆっくり楽しんで登りましょう』

と答えましたが

 

わたしも結構きついんだけど・・・

そんな山道です。

 

だけど景色は、素晴らしいです!

山道すべてが紅葉しているし、登った山から下をみると紅葉しているし

見るものすべてが紅葉したもみじで、いっぱいでした!

 

香嵐渓の豆知識

山に登った時や移動中の会話で盛り上がるちょっとした豆知識を頭に入れとくと違った印象でみれると思いますので、香嵐渓の豆知識を書いておきます。

寛永11年(1634年)に足助にある香積寺の三栄和尚が、巴川から香積寺に至る参道にカエデやスギの木を植えたのが始まりとされます。

さらに、地元住民などの手によって数多くのカエデが植え足されたり、散策道がつくられるなどして現在のようになりましやた。

また、香嵐渓のシンボルとも言える待月橋(たいげつきょう)が命名されたのは昭和28年(1953年)。

その後3回の掛け替えを経た後、平成19年(2007年)に新たな橋となった。

名前の由来は、昭和5年(1930年)に、当時の住職と町長が大阪毎日新聞社社長の来町の際に命名を求め、「飯盛山からの薫風は、香積寺参道の青楓を透して巴川を渡り、香ぐわしいまでの山気を運んでくる。山気とは、すなわち嵐気也」から“香嵐渓”という名が付いたそうです。

Wikipedia:引用

 

この長い歴史により香嵐渓のもみじ伐採計画が2018年12月から実施されます

香嵐渓始まりは住民たちが植えた数千本のモミジ

香嵐渓の歴史は400年近く。

特に、大正時代末から昭和初期にかけて住民たちが憩いの森林公園にしようと、数千本のモミジを植えたといわれています。

それ以降、90年近くほとんど植え足してはいないそうですが、成長による老化と過密化が進み、このままでは、美しい景観が保てなくなってきているそうです。

そこである計画が持ち上がっています。

「(見た目は)まだこれはいいほうなんですが、先のほうにしか葉っぱがなかったり、ちょっと枯れているところもあったりで将来性があまりないかなと樹木医が判断したということで伐採対象。

調査の中では4割(を伐採対象に)」(豊田市 地域振興担当 松下誠 担当長)

なんとモミジを美しく保つため、山の北西斜面の4割に当たる394本を伐採する必要があるといいます。

伐採により、見た目では2割ほどモミジが見える面積は減るといいますが、モミジを長く楽しむためには必要な措置だといいます。

中京テレビNEWS:引用

伐採すると聞くと、えー信じられないと思いますが、もみじにも寿命があり伐採しなくてはいけないのです。

伐採するだけではなく、植林も同時に進めるということなので、ぜひ伐採計画がうまくいきもっと色づいた紅葉を見たいなぁと個人的には思います。

 

紅葉に行くときには暖かい服装で行きましょう

ついつい秋の服装で行きがちなんですが、行くのは山です。

冬の服装で向かってください。

マフラーをしていってもいいですし、手袋があっても大変役に立ちます。

 

寒がりな人は、ホッカイロを持って行ってもいいでしょう。

靴も山道ですので、動きやすいスニーカーなどで向かってくださいね。

女性の方は、誤ってもヒールとかで向かわないようにしてください。

 

まとめ

  • 名古屋市から高速使い車で1時間ぐらいで香嵐渓に着きます
  • 紅葉の名所香嵐渓に到着!絶景!インスタ映えお菓子と盛りだくさん!
  • 香嵐渓の豆知識
  • 紅葉に行くときには暖かい服装で行きましょう

と書いてきました。

ぜひ秋の休日を利用して香嵐渓で紅葉をみてほしいです。

わたしは、天候にも恵まれ最高の一日でした。

あなたも紅葉に出かけて最高な気分になりましょう!

 

香嵐渓アクセス

 

●公共交通機関
・名鉄名古屋本線 『東岡崎駅』から、足助行きバス 約70分 香嵐渓下車
・愛知環状鉄道『八草駅』から、香嵐渓行き直行バス 約60分 ※11/10~30日まで
・名鉄三河線 『豊田市駅』より、名鉄バス足助行き 約45分 香嵐渓下車
※名鉄バス『東岡崎駅⇔香嵐渓』

●車でお越しの場合
<関東方面から>
東名高速道路 『豊田JCT』から、東海環状自動車道 『豊田松平IC』下車、(ETC付き普通車の場合は、鞍ヶ池スマートIC下車)、県道39号を経由、国道153号を飯田方面へ約15キロです。

<関西方面から>
東名高速道路 『名古屋IC』下車、猿投グリーンロード終点 『力石IC』下車、国道153号を飯田方面へ約10キロ。所要時間40分。

 

ライトアップ期間

11月1日~30日 日没~21:00

  LINE@で「裏ブログ散歩」
友達限定情報配信
ブログ更新裏話
各種個人収益報告
更新通知など
完全無料でやってます!!
たか公式LINE@はこちら↓↓
友達なってね♪