瓦は日本の歴史!修理するなら伝統を継承した匠の技で直そう!

ブログ散歩

昔からの日本の家屋で使われている瓦ですが、瓦は日本の歴史ある伝統技術が詰まっているということをご存知でしょうか?

 

でも瓦って地震に弱いんじゃ?

 

修理するなら屋根変えちゃおうかと検討中で

 

今回は、瓦の歴史と現代の瓦は進化している秘密

 

伝統の技とはなんなのかと書いていきます。

瓦の歴史

瓦はもともとは寺社仏閣で使用されていましたが、戦後、洋風住宅の普及とともに一般住宅へと広がりました。

 

瓦屋根は、茅葺〔かやぶき〕や板葺の屋根に比べ、雨を防ぐことに長けています。

また防火・耐熱の効果もあります。

 

瓦を使用する文化は、日本だけではありませんが、日本は台風が多いので、風で飛ばないよう中国やその他の国よりも重い瓦が使用されているようです。

現在では、洋風住宅の屋根においては桟瓦(さんがわら)葺きが主流ですが、伝統的な和風住宅には本瓦葺きを使います。

本瓦葺きの屋根は、重量感があり非常に見栄えがよく、格段に存在感があります。

 

江戸時代の商人たちは、住宅に寺社仏閣に使われているような立派な瓦を使って財力を誇示ししていました。

瓦の耐久年数は非常に長く、東大寺法華堂では、1200年前に製造された瓦が今なお使用されています。

日本の屋根に瓦あり

瓦は仏教の伝来とともに、百済(4世紀半ばから7世紀半ばまであった朝鮮半島の国)から伝来しました。

江戸時代中期までは主に寺社・仏閣で使用されていましたが、江戸時代の城下町で、防火の目的で現在も使用される安価な桟瓦が使用されるようになりました。

 

大正時代の初めには、簡単な機械が使用されるようになりましたが、本格的な機械による工業生産となったのは、昭和40年代です。

明治以降、後に人々に普及する洋風建築が日本に入ってきた時に、和風の瓦は洋風住宅の屋根に葺かれ全国に広がりました。

瓦の発祥にはいろいろな説があります

中国が発祥説

春秋戦国時代の古代中国にまで遡ります。

 

時の思想家、墨子の書物に、瓦葺きの家を示す「瓦屋」という文字が記されており、およそ2500年前という長い歴史を持つことになるわけです。

「瓦(グワ)」という中国語は粘土を焼いたものの総称として使われていました。

 

かまどの周囲の土が燃焼して固く強くなっていることを発見した古代中国の人々は、住居の壁や床といった強度を必要とする部分に粘土を塗り、直接火で焼き固めていました。

 

やがてこれが瓦という建築材料へ進化していったという説。

インド説

梵語に「カパラ」という字語があると言うだけで、日本のように寺院があるわけではないのでなんとも言い難い説。

メソポタミア説

5000年前にすでに瓦は存在していて、屋根として使われていたのではないか?

ん~これも都市伝説かなんかじゃないのかなと考えますね。

瓦の種類

 

J形・和形

皆さんがすぐにイメージできる日本瓦が「J形・和形」になります。日本人にとって一番馴染み深い瓦の形で数多く目にすることがある瓦の形になります。

F形・平形

「J形・和形」の曲面をフラット・平面にしたものが「F形・平形」です。

 

和風の中にもシックでスッキリとした印象で、どことなく洋風の雰囲気も感じられます。

軽量瓦

大きな地震の発生時には、割れたり、揺れを増加したりという問題がある瓦も、重さ以外の面では多くのメリットがある屋根材。

そんな瓦の欠点を解消した製品として「軽量瓦」が存在します。

 

例えば「デクラ屋根システム」で使用されている屋根材は、天然石とガルバリウム鋼板を材料とした屋根材で

これまでの瓦の約9分の1という重さを実現した製品です。

 

天然石による遮音性、さらに複数の素材を利用したことによる放熱・断熱の効果も期待できる製品です。

 

その他にも「ROOGA(ルーガ)」は、独自の製造方法によって重さを通常の半分にした瓦を、乾式工法で施工。

 

結果として100平方メートル(30坪)あたり約3トンの軽量化を可能としました。

 

見た目は普通の瓦と同じですが、新しい製造法と施工方式によって実現した軽量化です。

地震に瓦は弱いのか?

地震によって大きく揺れた建物の屋根が破壊された様子を、テレビなどで見る機会があると思います。

 

その被害が非常に大きなものであることが、容易に理解できる映像です。

できるだけ地震による被害を減少させることができる屋根とは、どのようなものでしょう?

 

その問題を考えるには、屋根材として使用されている瓦などの材料の重さを知る必要があります。

重ければ重いほど、地震によって大きく揺れる屋根。

 

その結果として、建物自体が破壊される可能性もあります。

そのような事態を防ぐためにも、重要ポイントである「屋根の軽量化」を考えましょう。

じゃー地震に強い屋根ってどんなもの?

大きな地震の後で、屋根の瓦が崩れてしまった光景を見たことはないでしょうか?

瓦の重さは100平方メートル(30坪)あたり約6トンにもなります。

 

地震の際には、重心の高い建物ほど揺れが激しくなります。

そのため建物の先端部分にあたる屋根は、地震の実際の揺れよりも激しく動きます。

 

このような問題を解消するには、屋根を軽い材質のものへ変更する方法があります。

現在、屋根の材料として最も軽量化できるのが、金属を利用した屋根材です。

 

金属屋根であれば、100平方メートル(30坪)あたり約600キロとなり、瓦屋根の約10分の1の重さとなります。

最近の金属屋根には、軽いという特徴以外にも多数のメリットがあります。

 

それは遮熱・消音・防錆といった面での進歩によって実現した金属屋根の特徴です。

結局瓦屋根はダメってこと?瓦屋根がいいんだけど

さきほど瓦の種類で紹介した軽量瓦が誕生していますので、金属屋根よりかは地震だけを考えるならば劣りますただ瓦には素晴らしいメリットがたくさんあるのです。

瓦屋根のメリット

  1. 耐久性がある。特に「釉薬」のものは耐久性が優れている。
  2. 日本の気候・風土に合っている。
  3. 歴史も古く、改良も進んでいるので安心して使用出来る。
  4. 昔と違い、瓦本体の軽量化も進んでいる上に、施工方法も「空葺き」が主となって来ているので、屋根全体としての軽量化も進んでいる。
  5. 「和瓦」だけでなく、洋風デザインを取り入れた「陶器瓦」もあり、選択肢が広い。
  6. 屋根の「呼吸」を妨げない。

下地(野路板)と「屋根材」との間に「空間」が出来るため「保温性・耐熱性」に優れている。

 

など余裕で地震を凌駕するメリットがたくさんあります。

 

デメリットは地震だけなのか?

  1. どうしても「重い」というイメージが付いて回る。
  2. 「瓦」によっては、非常に高額な工事になる。
  3. まともに施工出来る「職人」が少ない。
  4. 建築会社などが、コストダウンと工期短縮の為に使いたがらない。
  5. 「瓦」を使うと「基礎工事」をしっかりとした物にしなくてはならない。(手抜き工事がやり難い)
    等々ですね。

いまどきの大手住宅会社の屋根はほとんどかわらではない板のような屋根です。

これは「コストダウン」と「工期短縮」のためです。

 

それと「瓦」以外の「屋根材」を使用した場合、必ず数年後には「メンテナンス」が必要となります。

 

その時にも、「自社で施工を請合おう」という目論見もあります。

瓦屋根は減っている?

まともに施工出来る「職人不足」

さらに「屋根職人」を使うと「工費」が高くなってしまう理由もあります。

他には「ちゃんとした工事を行う自信がないから」でしょうね。

「瓦屋根は重い。地震の時に危険だ」というのは詭弁に過ぎません。

わたしのオススメする瓦専門業者さん

それは「森田瓦商店」です。

森田瓦商店さんは、大正13年創業以来、今年で90年余の歴史を持つ、地域密着屋根工事業者です!

「森田瓦商店」経営理念

「お客様に喜んでいただける仕事」を経営理念として、施工後はもちろん、20年後・30年後・40年後経った後でも「森田瓦商店」に頼んで良かったと思って頂け、信頼される業者を目指しております。

森田瓦商店:引用

雨漏り修理も行っています

瓦屋根の雨漏り修理も行っていますので、瓦で困ったことがありましたら、一度連絡してみてくださいね。

まとめ

  • 瓦の歴史
  • 瓦の種類
  • 地震に瓦は弱いのか?
  • おすすめの瓦業者さん

と書いてきました。

 

あなたの瓦で日本の伝統屋根「瓦」守っていきましょう!

 

 

 

  LINE@で「裏ブログ散歩」
友達限定情報配信
ブログ更新裏話
各種個人収益報告
更新通知など
完全無料でやってます!!
たか公式LINE@はこちら↓↓
友達なってね♪