転職でお礼状は必要?簡単な内容と書き方と意味

転職

転職活動においてお礼状はそもそも必要性があるのか?

 

疑問に思っているかたも多いと思います。

 

今回は、お礼状の意味ともし書かれるなら内容をどうすべきか、また簡単な書き方と書いていきます。

そもそもお礼状とはどのようなものなのか?

お礼状とは、就職活動の結果によって出すものです。

 

出すタイミングとしては採用通知書や、内定通知書を受け取った時などに出します。

 

内定を受け取ったら、その企業に向けてお礼状を送るというもので

 

就職活動が一区切りした証といえます。

 

採用してくれたことへのありがとうございますという言葉と、これから頑張りますという意味合いの言葉をお礼状に盛り込みます。

 

人によっては、もちろんお礼状は出していない人もいます。

 

絶対のルールというものはありませんので、お礼状を出すかどうかは自分で決めましょう。

学生はお礼状出してるの?

最近は大学などの就職課や学生課などでも、内定した会社に対してお礼状を出すように指導しているところが多いようです。

 

お礼状を出す人は、最近は増加傾向のようです。

 

学生の間では、一般的な行動という価値観も広まりつつありますので、もしも内定が出たら、可能な限りお礼状を出しておくといいでしょう。

お礼状を出すならどのタイミングで出したらいいのか?

お礼状を出す際に重要なことは、内定通知をもらった直後ぐらいに、即座に書き上げて、送ってしまうようにすることです。

 

期間が空きすぎると、心からのお礼の気持ちというニュアンスが薄れてしまいますので、なるべく早くに書くようにしてください。

 

お礼状を書く時に、一緒に送付するべき書類があるならば、速やかに書類の準備を済ませて、すぐに行動したほうが印象がよくなります。

 

相手に送るべき書類を整えるのにしばらく時間を要する時には、お礼状だけを先に投函し、書類が揃ったらそれから送るようにします。

 

就職のお礼状は、相手の印象にも残るものであり、人事担当者は入社後に会う可能性は高く、場合によっては一緒に働く事になるかも知れません。

 

就職が決まったら、すぐにでもお礼状を出すといいでしょう。

 

どれだけ遅くなっても、一週間以内には出せるようにするべきです。

転職におけるお礼状は必要なのか?

この頃は、内定が出るとお礼状を書くことが普通になっていますが、お礼状を書くことは、そもそも必要ないことだという考えを持っている人がいます。

 

絶対にお礼状を書かなければいけないという決め事が存在しているわけではないので、最終的な判断は個々人の考えに委ねられます。

 

面接や、就職一般に関するマナー本では、お礼状を書くことは、就職活動をする時にはすべきことだと書いてあったりしますし

 

内定が出たらお礼状を書くべきだと主張している書籍の場合、会社側が抱く印象が、できるだけ好ましいものにしておきたいという価値観があるからです。

 

実際のところ、面接のお礼状が採否の結果に影響するということは、あまり聞いたことが無いのも事実で

 

ごく小さな会社でない限りは、お礼状のような挨拶程度の書類は、採用担当者の手元に届くかどうかもはっきりしてはいないでしょう。

 

そもそも、面接を突破して、採用になることは確定していますので、ここでお礼状を出したからといって、自分に有利な状況になるということはどう考えても考えられません。

 

お礼状を書いても、事務職の人の手に渡って終わりであり、お礼の心を伝えたいような、肝心な相手には届かない可能性も高いわけです。

 

人によっては、お礼状は書く必要はないのだという考え方になるのも、そのような背景を想像すると頷けるでしょう。

 

相手からの評価を期待してのものではなく、内定をもらえたことに対するお礼状は出すものだという価値観もあります。

 

他の人が出しているのか、出していないのかも気になるところですが、最終的には自分で判断するしか方法はありません。

 

どうしても出さなければいけないという決め事があるわけではありませんので、お礼状を出すべきかどうかは、自分の価値観に基づいて決めるといいでしょう。

お礼状の内容、書き方

オーソドックスな採用のお礼状では、採用ありがとうございますというニュアンスで書くようにしましょう。

 

お礼の言葉の後には、働き始めたら何を目標にしていきたいかや、どこを目指して働いていきたいかなどを書いていきます。

 

あなた以外の人もお礼状を作成しているだろうことを念頭において、シンプルな言葉でまとめることです。

 

お礼の言葉を手紙に書く場合、何を書くものなのか、全くわからないと困ってしまうこともありますよね。

 

なかなか書くことができない人は、下の方に例文集を載っけていますので、抜粋して活用してください。

 

自分の言葉でお礼を述べることがお礼状では重要なことですので、例文を丸写しにすることは、できれば避けたいものです。

オリジナルのお礼状を書くには

採用された業種や職種の内容を手紙にプラスしたり、自分だったらこう書くという文章に例文に付け足したりアレンジすると簡単にオリジナルなお礼状ができます。

 

時間をかけたくないからといって、例文の文章を一から十まで同じにすることは、おすすめできません。

 

担当者の人と話した内容や、面接でのやり取りを踏まえて、他の人には書けないようなお礼状を書くのも書き方の一つです。

 

もちろん誤った文字や表現を入れてしまった場合、修正液で消したり、一画書き足して正しい文字にしてしまおうとせず、きちんと書き直してください。

 

特に気をつけたいのが、就職のお礼状を出す担当者の方の名前や部署名です。

 

名前のミスは、相手に対してとても失礼な行為になってしまいますので、十分にチェックして、間違わないようにしてください。

お礼状例文集

面接後のお礼状の例文

拝啓

貴社には益々ご清祥のこと、お慶び申し上げます。

 

本日はお忙しい中お時間を割いていただき、誠にありがとうございました。

 

面接では貴社の広報部門における戦略的な取り組みをお聞きし、ますます入社への希望が強くなりました。

 

特に「企業の顔である広報は有能なサービス職であるべき」 という姿勢に、非常に気持ちが昂ぶりました。

 

5年間経験してきた私の広報職の経験を、貴社のような企業で思う存分発揮できればと考えております。

 

面接の結果を数日内でご連絡いただけるとのこと、今から期待と不安で落ち着かない気持ちです。

 

よい知らせであることと祈りながら、ご連絡をお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。重ね重ね本日はありがとうございました。末筆ながら、貴社の益々のご繁栄をお祈り申し上げます。

敬具

採用が決まっている場合のお礼状例文

採用お礼の件

拝啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

 

さて先日貴重なお時間をいただき、またこのたび採用の通知をいただきましたこと、重ねて感謝申し上げます。

 

先日○○様のお話をお伺いし、ぜひお役に立ちたいと考えておりましたので、大変うれしく思っております。 入社までの○○日間、面接でご説明を頂戴した○○について私なりに勉強をし、知識として吸収したいと考えております。

 

早く社員の一員として活躍できることを楽しみにしております。

 

取り急ぎお礼まで。
敬具

まとめ

どっちでもいいと言ってしまえば言葉が悪いですが、お礼状に関して言えばどちらでもよいが答えになってしまいます。

 

お礼状は、あなたの価値観で決めてください。

お礼状のポイントととしては

  • 知らせがきたらすぐに書く
  • 誤字脱字に注意して書く
  • 面接時のエピソードを添える
  • どのような働き方をしたいか書いておく

になります。

 

わたしの個人的な意見としては、迷ったなら書いておけば後悔はないから書いちゃいなよです。

参考までにです

 

 

個人で稼ぐ方法を

教えています

 

 圧倒的に、あっという間に

ありえないぐらい

 

個人で稼ぐスクール

 

「ここ」であなたの

「一歩」を教えます

あなたと会える

 

スクールの名前は

【MOS】

ネタイズ

ンライン 

クール

 

 ~公式LINE@登録特典で~

・ツイイッター集客

・インスタグラム集客

・ビジネス通信

 

約20万円わたしが

自己投資した

情報を公開中です

 

 あなたも一緒に個人で稼ぐ

スキルを身につけ

  個人で稼いでいきましょう!!

 

 公式LINE@にて

詳しく説明しております

 たか公式LINE@はこちら↓↓

※稼がなくてもいい人は

登録しないでください

  LINE@で「裏ブログ散歩」
友達限定情報配信
ブログ更新裏話
各種個人収益報告
更新通知など
完全無料でやってます!!
たか公式LINE@はこちら↓↓
友達なってね♪