面接時のマナーと質問、アピールを誰もが簡単に習得できる

就職

就職活動をしている時、採用面接でプラスの評価を相手に持ってもらうためにすべきことは何でしょうか?

 

面接官に勧められるまでイスに座らない、話す時は相手の目を見て、という基本的なことは守ってしかるべきです。

 

面接官側としては、社会人として知っておかなければいけないことは知ってて当然というスタンスで面接をしています。

 

ということはマナーを知らないあなたは。。。

 

結論:「落ちます」

 

今回は、そうならないために面接時のマナー、質問、アピールの仕方と描いていきます。

 

 

面接の担当者とコミュニケーションを取ることは、面接本の情報を踏まえてもなかなか大変なものです。

 

最初に面接時の事前準備!服装マナーを覚えよう!!

マナーといってもフランス料理やお茶の作法を覚えて実践するとかそんなレベルの話ではありません。

 

基本的なことなので、もうすでにできている人はできています。

 

なので、確認程度にチェックしていきましょう。

 

まずは服装と髪型は大丈夫かチェック

 

男性編

男性が面接に臨む際に、チェックすべき服装のマナーをピックアップしました。

 

面接前日の最終チェックにお使い下さい。

服装

【スーツ】

  • 黒や紺、グレー系などをお薦めします。濃い色を選びましょう。派手なストライプや目立つ柄物は避ける方が無難です。
  • サイズがピッタリのものを、日頃着ていない人はサイズが変わっている事もあるので確認しましょう。
  • しわや汚れが無いように、しっかりクリーニングに出してスーツを着ましょう。

 

【ワイシャツ】

  • 白が基本。色柄物は避けましょう。淡い色合いのものであればOKですが、清潔感でいうと白をお薦めします。
  • 襟の高すぎるシャツはネクタイとのバランスが取りにくいので、避けた方が良いでしょう。
  • 袖口の汚れは目立ちます。きちんと洗濯してアイロンをあてたものを準備して下さい。
  • シャツの袖口は、スーツの袖より1センチほど出るのが理想。出ていないと子供っぽく、長すぎるとだらしない印象に。
  • 袖口のボタンはしっかりと留めること。
  • ワイシャツの下には、必ず白無地のアンダーシャツを着るようにしましょう。
  • 上着を脱いだ際に肌が見えたり、汗で肌に貼り付いていたりするのは、清潔感に欠ける印象を与えてしまいます。

 

【ネクタイ】

  • ネクタイは、男性の服装の中で唯一明るい色を使うことができるアイテムです。
  • 派手すぎる色は避けた方が無難ですが、自分の好きな色や雰囲気に合った色を選んで構いません。
  • 柄はストライプ・小さめのドット・無地など、シンプルかつ一般的なものを選びましょう。

 

 【ベルト】

  • ベルトはスーツに合うシンプルなものを選びましょう。
  • 布やスエードといったカジュアルな素材や、派手すぎるバックルは避ける方が無難です。
  • 革が痛んでひび割れたものや、バックルの穴が広がったものはNGです。

 

 【靴】

  • 黒、焦げ茶のオーソドックスな革靴を選びましょう。明るい色やカジュアルなものは避けた方がよいでしょう。
  • 汚れてくたびれた靴はマイナス印象なので、面接前にしっかり磨き、艶を出して置くこと。
  • かかとが磨り減った靴は、補修に出しておくことをお薦めします。

 

【靴下】

  • 黒や紺、ダークグレーなど、スーツの色に揃えたものを選びましょう。
  • 白や柄入り、派手な色のものや、くるぶしまでのカジュアルな靴下は避けましょう。

 

【時計】

  • 携帯電話を時計代わりにする人もいますが、ビジネスシーンで腕時計の着用は常識のマナー。
  • シンプルなデザインで、黒か茶の革ベルト、またはシルバーなど、社会人として相応しいものを。

 

【カバン】

  • 面接前後にパンフレットなどの資料をもらう事があるので、A4書類が入るビジネスバッグを。
  • 面接中に足元に立てておくため、手を離しても自立するタイプをお薦めします。
  • トートバッグやリュックなどカジュアルなものや、高級ブランドのカバンは避けましょう。

 

女性編

【服装】

  • スーツで黒や紺、グレー系などの濃い色をお薦めします。シンプルで清潔感あるデザインのものを。
  • ベージュ等の薄い色を選ぶと女性らしい柔らかい雰囲気になりますが、一般的には濃い色の方が顔映りがよくなります。
  • しわや汚れが無いように、しっかりクリーニングに出してスーツを着ましょう。

 

【ボトム】

  • 極端なスリットが入ったものなど、カジュアル過ぎるものは避けましょう。
  • パンツ丈は、ヒールの付け根よりも数ミリ下程度が綺麗に見えます。

 

【インナー】

  • シャツでもカットソーでもOK。フリルやレースが付いたカジュアルなものは避けましょう。
  • 色は、清潔感のある白がベスト。淡い色合いであれば問題ありませんが、濃い色や柄物はNGです。
  • 下着が透けないように、インナーの下に同色のキャミソールの着用をお薦めします。

 

【ベルト】

  • 必ずしもベルトをつける必要はありません。インナーをウエストインする際に活用下さい。
  • カジュアルなものを避け、シンプルなデザインのベルトを選びましょう。

 

【ストッキング】

  • スーツの色を問わず、自然な肌色に近い無地のベージュを。自分の肌より少し濃い目を選ぶと、足が綺麗に見えます。
  • 柄や装飾入りのものはNG。黒のストッキングは喪服のイメージがあるので避ける方がベターです。

 

【靴】

  • 黒のシンプルなパンプスで、ヒールは5cm程度で太めなものを。安定感があり綺麗に見えます。
  • ピンヒールや、オープントゥ、ミュールやサンダル、ブーツなどは避けましょう。カツカツ響く靴もNG。
  • 汚れや傷はマイナス印象ですので、きちんと磨き、補修に出すことをお薦めします。

 

【時計】

  • 携帯電話を時計代わりにする人もいますが、ビジネスシーンで腕時計の着用は常識のマナー。
  • シンプルなデザインで、スーツに合うものを選びましょう。トイウォッチは避けた方が無難です。

 

【カバン】

  • 面接前後にパンフレットなどの資料をもらう事があるので、A4書類が入るビジネスバッグを。
  • 面接中に足元に立てておくため、手を離しても自立するタイプをお薦めします。
  • トートバッグやリュックなどカジュアルなものや、高級ブランドのカバンは避けましょう。

ここまでで事前の形はチェックできましたか?

次からは入室時、退室時ののマナーに進みます

 

面接の入室時、退室時のマナーを覚えよう

格好は、決まった後は本番前に面接時のマナーを覚えよう

 

入室時のマナー

ドアをノックする

控室にいる採用担当に指示されたら、ドア前までいき、ドアをノックしましょう。

 

面接室のドアを3回ノックします。

 

注意点は2つだけ乱暴な印象になるので、ドアをあまり強く叩きすぎないこと

2回のドアノックは「トイレノック」になり、失礼なやり方になります。

応答がないときは、もう一度3回ノックをし、5秒ほど間を開けてからドアを開けます

 

入室する

室内の面接官に「どうぞ」と入室を促されたら、ドアを開けます

ドアを開ける際に「失礼いたします」と会釈をする(お辞儀の角度は15度程度)

入室する際に、しっかりと面接官にアイコンタクトをしましょう。

 

ドアを閉める

面接官に完全に背中を向けないように、ドアに対して、斜めに立ち、ドアを閉めます。

正面を向いたまま後ろ手で閉めるのはかえって不自然なのでやめよう。

ドアを閉める際に大きな音を立てないように静かに閉めましょう

 

ドアの前で挨拶をする

ドアを閉め終えたら、面接官の方のいる正面を向く

大きな声で「本日はよろしくお願い致します」と挨拶をします。

 

ドアの前で一礼をする

挨拶を終えたら、面接官に向かって45度の角度でお辞儀をする。

 

頭を下げたところで一秒間静止。

 

礼儀正しい印象をあたえることができます

面接官が複数いる場合は、中央の面接官に向かってお辞儀をすればOK

「よろしくお願いします」

 

という挨拶とお辞儀のタイミングが重ならないようにしましょう。

 

挨拶を言い終わってから、お辞儀をするのが最も丁寧なやり方です。

 

「よろしくお願い」と言った後に、45度の深いお辞儀をしてください。

 

椅子の横に立ち、名乗る

椅子の横までキビキビとした動作で移動します。

 

椅子の前を横切らないように。

「お名前をどうぞ」と言われたら、元気よくハキハキと名前を名乗る

名乗り終えたら、45度の角度でしっかりとお辞儀をします。

 

頭を下げたところで、1秒間静止しましょう

面接官の指示があるまでは着席しないでください。

 

着席は目上の人の許可があってからするのがビジネスマナーです。

 

椅子の横まで移動し、面接官の「どうぞお座り下さい」の合図を待ちましょう。

 

着席する

「どうぞお座りください」と着席を促されたら、着席する

 

着席を促されたら、「失礼します」と15度の会釈をしてから座る

 

着席する際は、深くこしかけず、背もたれと拳一つぶんを開けて座ること
男子は手を軽く握り、膝の上に置く。

 

女性は、着席の際に膝の上に手を重ねておきましょう。

着席の指示が出されたら、「失礼します」と会釈をして着席しましょう。

 

背筋を伸ばし、凛々しい印象が与えられるように姿勢を正して下さい。

 

それではいろいろ質問されて、回答して面接が終わりました。では退室時のマナーもありますので気をつけましょう。

入室だけでなく、退室も重要です。

 

面接の退室マナー、きちんと押さえられていますか?

 

退室マナーが、あなたの最後の印象を決めるので、面接官に良い印象を残せるように、正しい退室マナーのルールを押さえておきましょう。

 

面接終了の合図を待つ

面接官の「本日の面接は以上です。お疲れ様でした」と面接終了の合図を聞いたら、退室モードに入りましょう。

 

終了の合図を聞くまでは、立ち上がったりしないように気をつけましょう。

 

面接終了の合図が出たら、座ったままお辞儀をする

終了の合図を聞いたら、「本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました」と大きな声でお礼を述べましょう。

お礼を終えたら、椅子に座ったまま、お辞儀をする

挨拶を言い終わってから、お辞儀をしてください。

 

挨拶とお辞儀が同時にならないようにしてください。

 

正しいマナーでは、挨拶を言い終わった後、お辞儀をします。

 

立ち上がり、椅子の横にたって一礼をする

椅子から素早く立ち上がり、椅子の横に移動する

椅子の横に立ち、「失礼します」と挨拶して、深く一礼しましょう。

挨拶と一礼のタイミングが同時にならないように。挨拶を終える→一礼の順序をしっかり守る

一礼を終えたら、ドアの前までキビキビと移動して下さい。

 

ドアの前で面接官に挨拶をする

ドアの前まで移動したら、最後にもう一度、面接官に挨拶をします。

 

ドアを開ける前に面接官の方を振り返る

振り返った後、「失礼します」と挨拶→一礼をする
ドアを静かに開ける

 

ドアを閉める際に、しっかりアイコンタクトをとる

ドアを開けて出て行く際に、しっかりと前を向いて、面接官と目を合わせながらドアを閉めましょう。

出て行く際に、面接官に完全に背を向けないように注意すること

大きな音が出ないように、静かにドアを閉めましょう。

ここまでが退室のマナーです。

 

入室のマナーに比べれば覚えることが少ないので、確実にマスターして、面接官に良い印象を残して終わりましょう。

 

それでは、いよいよ面接の中身【質問】について書いていきます

面接官との対話とは、質問されたことに対する回答だけでなく、面接官への質問もあります。

 

相手の質問には、適切な答えを返すことが、面接の基本です。

 

くだくだ長くなりすぎず、要点を押さえて答えましょう。

 

担当者の言っている言葉が腑に落ちたといっても、大げさな相槌を繰り返すことは適切ではありません。

 

意識しないで相槌を打ってしまうという人もいますので、普段から自分のしていることを振り返ってみましょう。

 

相手の言葉に口を挟むことも失礼にあたりますので、わからないことがあった時も、面接官の話が一段落するまで待つことが大事です。

 

他人とコミュニケーションをとる時の常識がわかる人物だと理解してもらうためには重要なことです。

 

面接の最後には、面接官から他にご質問はありますかと聞いてくるのが普通ですので、その時まで質問を控えるという方法もあります。

 

就職活動を成功させるためには、面接で行う質問は、相手の都合に合わせるように心がけましょう。

 

面接時の回答はどうすればいい??

就職時に行われる面接では、面接官からの質問に回答することが必要となります。

 

スタンダードな面接での質問は、入社希望の理由や、どういった働き方をイメージしているのか、ということではないでしょうか。

 

それ以外に、面接でよく質問されることといえば、現在に至るまでどういった仕事を経験しており、どんな資格や技術を持っているかです。

 

面接対策の一環として、高確率で聞かれる質問については、答えを用意しておくことがポイントです。

 

採用する側の会社も決まりきった質問をしていては、多くの人の中から選考するための材料を得ることができません。

 

お定まりの質問に対しては、お定まりの答えがあります。

 

判で押したような答えしか得られないようでは、面接の意味がなくなってしまいますので

 

相手も想定外の質問をしてきます。

 

想定外の質問がされた時の対応は、面接官も特に注視しているので、対応いかんによって評価が大きく分かれるポイントです。

 

自分の価値を会社に対して売り込むためには、面接の場で、相手の質問を受けた時に、その意図を理解することです。

 

面接官が質問をし、応募者が答えるというやり取りが基本になるのですから、質問をされた時は質問内容と相手の意図を知ることが大事です。

 

場合によっては、相手がどういうことを聞きたいのかを、再度確認せざるをえないこともでてくるでしょう。

 

回答の内容そのものも重要ですが、難しい質問に対する答えを出すまでの過程も評価の対象となっています。

 

質問と答えというやり取りだけが面接ではありません。

 

相手の質問意図を読み取ることや、相手の言葉を聞く姿勢なども重視して面接に挑んでいくといいでしょう。

 

アピールの事前準備はしておくべき

会社が新たに人を採用する時には面接が必須です。

 

面接をせずに就職活動が終わることは、ないといっていいでしょう。

 

面接官は、面接時のやり取りを通じて、相手の人格や人となりを知り、採用するかを決めています。

 

面接では質問がいくつかされ、応募者は質問に回答します。

 

その回答を聞いた上で、会社側は採用するかを決めます。

 

就職活動をしている人は、就職面接の為の準備をする必要がありますが、何をどのようにするべきなのでしょうか。

 

面接に行く時に、一切準備をしないという方もいるようですが

 

ある程度の準備を整えておいたほうが成功度は上がります。

 

面接対策のポイントとしては、ネット書籍で得た定番質問の回答を丸暗記して答えるということがないようにしてください。

 

問題のない答え方は、相手の印象にも残らず、評価されずに終わってしまうということがあります。

 

角の立たない答え方は、マイナスにもなりませんが、プラスにもなりません。

 

それでは面接にわざわざやって来た意味がありません。

 

聞かれたことに答えることで、自己PRをするのが本来の目的です。

 

自分のアピールポイントをしっかりと把握する事、さらにその仕事に対しても使えそうかどうかという事を事前に考えておきましょう。

 

面接を通じて、どういう能力を持っている人間で、どんなスキルがあるかをどのようにアピールしていくか考えておきます。

 

また、どういう方向性で自己PRをしようか決まらないという場合は、面接に行く前に、自分の能力、長所、実績などをまとめてみることが事前準備で必要です。

 

中途採用は、アピールが大事

企業が中途採用者を選考する場合には、面接試験によって応募した人材を評価することを重要視しています。

 

採用する人材が新卒者の際には、技術や実績は重視しておらず、社会人経験がないということを前提に雇い入れています。

 

新卒者の面接では、その人の人格を第一に見ようとしているものであり、技術や能力を評価する場ではありません。

 

中途採用で人を増やしたい場合は、応募者の個性も見ますが、より重視することは即戦力になってもらえるだけの技術や知識を持っているかどうかです。

 

企業の立場から見ても、中途採用者を評価し、採用するかを決めるための面接は、なくてはならないものです。

 

中途採用が可能な企業を探しているという人は、新卒の時の就職試験とは大元が違っていることを知っておきましょう。

 

自分自身の性格や今までの仕事の経験などを細かく整理して、自分自身を客観的に捉えておくように事前準備しておきましょう。

 

自分にはどんなことができて、どういった経験を積んでいて、それは新しい職場でどう活かされるのかを話せるようにしましょう。

 

採用面接の段階に進んでいる時点で、履歴書や職務経歴所による書類審査は終わっており、面接は次の段階となっています。

 

面接の場では、一番いい自分を相手に見せることができるように、面接対策や、企業研究を十分に行っておくことが成功の秘訣になります。

 

相手の質問に答えるだけでなく、気になることは自分から聞くくらいの心意気で面接を受けることが、中途採用を勝ち取るためには必要です。

 

面接対策を十分にしておくことで、心の準備も十分にできている状態で面接の場に赴くことができます。

 

面接で落ちまくっているのは会社にむいていない?!

あなたの道が、会社員になるだけの人生なのか今一度考えてみるチャンスが面接だととらえることができます。

 

人生は選択の連続ですし、何が成功するかはわかりません。

 

ただわたしから一つだけ言えることは

 

「稼ぐ場所をいくつも作っておく」

 

この考え方が今後の人生の選択の幅を広げることは間違いないと考えています。

 

わたしも現在会社員ですが、副業である程度稼げるようになっています。

 

これは、個人で稼ぐ力が身についているから

 

稼げているわけで

 

会社がいつ潰れてもいいようにスキルを磨いたからです。

 

個人で稼ぐ力は、会社に依存して奴隷のように働く

 

いやなら辞める

 

自信をもって生きていくことが可能になります。

 

一度考えてみる

 

大事なことです。

 

まとめ

  • 面接の服装のマナー
  • 入室、退室のマナー
  • 面接時の質問の意図
  • 回答、アピールの仕方
  • 中途採用時のアピーは大事
  • 個人で稼ぐ力は考えることからはじめる

を書いてきました。

 

面接の事前準備、対策を練り会社の面接を乗り切っていきましょう!!

  LINE@で「裏ブログ散歩」
友達限定情報配信
ブログ更新裏話
各種個人収益報告
更新通知など
完全無料でやってます!!
たか公式LINE@はこちら↓↓
友達なってね♪